屋根のメンテナンスは雨漏りする前に

屋根は雨、紫外線、飛来物、熱などから暮らしを守りますので、家で一番大切といえます。 また美観の上でも印象を左右しますので、雨漏りする前に、もし雨漏りしてしまっても放置せずに メンテナンスするのをおすすめします。

屋根のメンテナンス周期

雨漏りに最も関わるのが防水シート(ルーフィング)です。その防水シートの耐用年数はおよそ10年ぐらいですので 10年ごとのメンテナンスが最適といえます。 雨漏りが発生すると不便だけでなく、木材の腐朽やシロアリを呼び寄せることになるのでメンテナンスは重要です。

防水シートが原因で雨漏り

屋根は2段階で雨を防ぎます。まず屋根材(瓦、コロニアル(スレート)、金属板のいずれか)が雨を遮ります。 ですが隙間があるので下に流れ落ちるため、その下に敷いた防水シート(ルーフィング)で完全に防ぎます。 防水シートの下は垂木、野地板など支え骨となる木の部材ですので防水性はありません。

防水シートはたくさんの釘(タッカー)で野地板に打ち付けられて固定されていますが、この釘が経年でサビていくと 防水シートに空いた釘穴がサビの分だけ余計に大きくなっていきます。 雨漏りは、このサビが大きくした釘穴から入り込み屋根裏や壁内に流れていくことで発生するのです。

屋根材の破損

令和元年は千葉に大型台風が多く発生したことで、 暴風や飛来物で瓦やコロニアル(スレート)、そして金属板といった屋根材が破損する被害にあわれたお家が大変多くありました。

屋根材が破損すると美観が損なわれるだけでなく、屋根材が落下する危険性もあります。 また次の台風被災で破損した屋根が隣家に飛ぶことも考えられま。

破損していたら修理のご検討をおすすめいたします。

なお屋根上は傾斜があり、およそ7m以上の高さなので心得がない方が屋根に登ることは危険ですのでおすすめしません。 業者にお任せください。

工事期間

屋根工事に必要な工事期間は2日間です。屋根の工事中も普段通りにお家でお過ごしいただけます。

屋根の修理をお申込みなら

屋根の修理なら、ぜひ当社にお任せ下さい。 修理だけでなく、屋根の葺き替えで一新するなどリフォームにも対応できますのでご相談ください。